So-net無料ブログ作成

犬と登山 [徒歩探検]

4月29日(日)の事です。

朝、布団の中でドヤドヤと家族が嬉しそうに玄関から出て行く音で目が覚めた。

私の知らないところで私抜きで計画した日帰り旅行に出かけるみたいです。

家族が楽しいなら私は喜んで身を引きます。・・・つうか呼ばれても無いんだけどね。

さてさて、我が家で取り残されたのは私だけでは無い。愛犬小雪もだ!

昨夜、小学生の息子から旅行に行くという極秘情報を入手していた私は

「じゃあ、ワシも暇だから犬と登山でもやってみるか!」と計画していたのです。

実は久しぶりに石井スポーツのHPを覗いていて単独で日帰りで山に入るには

どれくらいの水が必要でどのように持つのが良いのか?

シグの1リットルボトルを2本持つのがベストかな?

(脱水をやらかしたので水分補給に敏感な今日この頃)なんて事を考えながら

登山用品を物色していたら本当に久しぶりに山歩きがしたくなったのです。

http://www.niihama.info/index.php?option=com_content&view=article&id=105&Itemid=67

昔は全然人気無かったんだけどここ数年で「東洋のマチュピチュ」と呼ばれ

すっかり人気のスポットとなった東平までサーフ号で到着。

観光用の駐車場より奥にある登山者用駐車場に駐車して出発。

P1030695(1)(1).JPG

結局、知る人ぞ知るエバニューのポリタンク2ℓと小雪用のコップを持って出てきた。

このポリタンクはもう20年くらい前に買った物。薄汚いがまだまだ使える。

(石井スポーツで1400円くらいでまだ現役で販売していた。)

P1030696(1)(1).JPG

遥か写真の真ん中位の白いところがサーフ号を駐車してきた所。

P1030698(1)(1).JPG

まだまだ、始まったばかりだ小雪。今日は山歩きを楽しもう小雪。

P1030699(1)(1).JPG

この山は登りの傾斜がきつい。小雪がりりしく見えた。

P1030701(1)(1).JPG

この山は鉱山だったところでかなりの高度のところまで線路が敷かれて

列車が走らされていたのでこんな物があるから面白く山歩き出来る。

P1030704(1)(1).JPG

わあっ見えてきた。銅山峰ヒュッテだ。

小学生の時に父親に連れられて泊まったことが2度ある。

これまで行こう行こうと思った事があるんだけどやっと今日来れた。

P1030705(1)(1).JPG

ここは昔は駅だったのです。登山者の宿泊施設になっています。

P1030706(1)(1).JPGP1030707(1)(1).JPG

P1030708(1)(1).JPG

懐かしいな~、コケモモっていう高山植物でつくった赤いジュースを小学生の時に

飲んで「おいしいな~」って思った。

夜、ブリキの看板に石を投げて、どっかのおじさんにえらく怒られた。

発電機のエンジンの音がうるさかったな~それと消灯時間がやけに早かった。

今は電線が来ているみたいだ。

P1030712(1)(1).JPG

列車が走っていたトンネル跡。

しばらく幼き頃の思い出にひたってから更に銅山越を目指して登る事にした。

P1030716(1)(1).JPG

標高1294m、一応目的地に到着。

ここはこれまで違うルートで登って来てブログにも書いた事がある。

P1030717(1)(1).JPG

稜線に出ると風が凄い。びゅーびゅーごーごー凄い。

汗がみるみる引いて気持ち良い。

P1030718(1)(1).JPG

さあ、メシだメシにしよう小雪。

P1030721(1)(1).JPG

買ってきた赤飯のおにぎりや弁当を小雪と分けて食す。

小雪はお嬢さん育ちなので一口でぱくりといかない。

コレくらいの量でも一度地面に落としてしまうから砂がつく。

砂がつくと食べない。・・・・・・なんて贅沢な!!

弁当の蓋の上に置いてやったりして工夫した。

しばらくゆっくりして下山する事にした。

途中ですんなり帰るのが嫌になって上部鉄道跡という

鉄道跡を辿って帰るルートを選択した。

P1030722(1)(1).JPG

昔は鉄橋がかかっていたところにこんな朽ちた橋がかけられている。

これは大丈夫だったがこの後酷くて渡れないのが多数有った。

P1030726(1)(1).JPG

登山者も誰も居ないのでリードを外して自由にさせてます。

P1030729(1)(1).JPG

右にカーブ、列車が走っている姿を想像してみた。

自然に飲み込まれているが右の石積みが文明が有った証。

P1030727(1)(1).JPG

完全に崩壊していた橋。こわ~!

これまでの登山者がつけてくれた道を辿って迂回して向こう側に辿りつく。

P1030730(1)(1).JPG

先ほどの銅山峰ヒュッテだ。当時の人も列車に乗ってこんな風景を見たのだろう。

P1030733(1)(1).JPG

どんどん歩いていくと崩壊した橋だらけ、工事用の足場みたいなので

直しているのも有ったけど迂回するしか無い所も多数有る。

P1030734(1)(1).JPG

迂回中に渡った川の水をがぶ飲みする小雪。

私が持ってきた水よりもおいしそうに飲んでいる。

P1030738(1)(1).JPG

住居の跡。 

途中で15:00を過ぎたのでもっと行って見たい所があったけどそれは次回にして

下山する事にした。

薄暗くなった山道を歩くなんてまっぴらごめんなのだ!!

下りがまた傾斜がきつくてなんども滑り落ちそうになりながら下りた。

膝が痛くてがくがくである。

若いころは飛び降りるように下れたのにな!と思った。

P1030739(1)(1).JPG

下りきったところにある変電所跡。

ここまで来れば駐車場は目と鼻の先なのだ。

P1030740(1)(1).JPG

二階建ての構造だ。

P1030741(1)(1).JPG

P1030742(1)(1).JPGP1030743(1)(1).JPG

P1030744(1)(1).JPG

最近の若い方は知らないかな?上に二箇所穴を開けて飲む缶ジュースだ。

他にも庭にコカコーラのホームサイズっていう懐かしいサイズのビンが落ちていた。

これで本日の登山は終了。

6時間くらい小雪と山の中をうろうろしていた。

私の足はなかなかの筋肉痛になっていますし小雪も寝てばかりいます。

私も少々走ったりしてるけど山登りの筋肉は別物なんですね。

今回GWだからまあまあ登山者が多かったような気がします。

山ガールって本当に居るのですね。

お洒落な登山着の若い女性を見かけて「本当に居るんだ。」とトキメキました。

それから中高年の登山者っていうのは侮れません。

山登りを趣味にしているだけあって早い!!

たんたんと同じスピードで歩き続ける術を知っているようで

遅いけど結局早い!マラソンと一緒で兎と亀の話のようだった。

犬連れだったので登山者の方に

「えらい所まで散歩に来ましたな~!」と軽いジョークを振って来られたのですが

いつもの私なら更に面白い返事したろ!と頑張るのですが

疲れきっていた私は「はいー~」と笑顔を返すのが精一杯だった。

今回、久しぶりに山を歩いて思ったのが「トレイルラン」!!

巷ではトレイルランという登山道を走って登って走って下るっていうのが流行っていて

トレイルラン専用のシューズやザック類が売れている。

私もマラソンをかじり始めたところなのでトレイルランもやってやろうかと思ってたのですが

・・・・・・とんでも無いですね。

まともに歩いて登るのも大変なのに走れる訳ねえ!と思った。

トレイルランとかしている人ってどんな体力しとるんじゃ?

それと今回もMTB登山を想定したがこれも無理だ。

自転車を放置するしか無くなる場面が何箇所も思い浮かんだ。

やっぱり私の様な並の人間は普通にシンプルに山登りを楽しむしかないと悟った。

久しぶりに軽登山をして面白いと思った。

それと上部鉄道跡なんて一人だと不気味過ぎてよう歩かなかったと思うのですが

相棒が犬でもなんか心強くてどんどん歩いてしまいました。

犬と登山、ちょっと心に火が点いたかも知れないです。

また近々行くかもです。


nice!(16)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

nice! 16

コメント 13

まえまえ

登山犬 小雪ちゃん、頑張りましたね♫
廃墟探索と登山が同時に楽しめるとは、素晴らしいコースです
トレイルランには興味は有りますが、きっと私も走れないでしょうから、応援だけにしときます
でも給水グッズ(キャメルバック)は重宝しますよ
一度お試し下さい (^O^)/
by まえまえ (2012-05-01 06:35) 

HIRO

こんにちは。
登山とは…日頃の散歩とは違って面白かったのでは>小雪ちゃん

大人しく登山を繰り返して?登山用の体力を付けたらトレイルランとかも良いかも
by HIRO (2012-05-01 09:11) 

カズ−

お疲れ様でした。
心地よい疲れが残ったのでしょうね。
山登りをしている友人から何度も誘われているのですが、
体力に自信がなく、断り続けています。
私には1日2回、ワンちゃんとの各20分程度の散歩が丁
度良いようです。

by カズ− (2012-05-01 09:55) 

バク

お疲れ様でした(^^)
小雪ちゃんもしっかり登山犬になってんましたね。犬って登ったり駆け下りたりと走るのが嬉しいのか、表情も笑っているように感じたりしますし(^^)
トレランは興味あるけど、体重をめっちゃ落として体力脚力肺活量をUPさせないと無理な状況・・・登山もヒーハーヒーハー息切れしてるし(泣)
ワンデートレッキングでさえ、難しい私です(^^;
by バク (2012-05-01 12:58) 

SerowGOGOGO

愛犬と登山・・・
なかなかいいですね
人だと弱音を吐くわけにも行かないけど、愛犬なら黙って聞いてくれるし(^^;
by SerowGOGOGO (2012-05-01 17:12) 

j-taro

わんこと一緒に楽しい山歩きでしたね。

うちのあずきさんは、ドアが開いていたら家の奥に逃げこむ、気の弱いイエネコですから、一緒に散歩なんてできません(^^;
by j-taro (2012-05-01 19:53) 

YASH

おー、ちゃんと山靴ですね。
低山だとたまに犬連れの人を見かけますよ。
小雪ちゃんも魔太郎さんと苦楽を共にして、楽しかったと思います。

山ガールさん達はウェアも装備も決まってカッコいいし、
若いだけあってペースも速いので侮れないでしょ(笑)
私も早く山を再開したいなー。
by YASH (2012-05-01 23:03) 

河原

 「犬と登山」 イイですね~!

猫と登山は出来ない?!・・・

 出来ないよなぁ~(笑)


 
by 河原 (2012-05-02 05:33) 

XXAR2

小雪さん相変わらず凛々しいですねぇ〜
実家近場の山に登って体力維持でもしないとイカンなぁ〜と思っては居るんですが(-。-;
by XXAR2 (2012-05-02 08:05) 

魔太郎

Xml_Xslさん こんばんは ナイス有難うございます。

まえまえさん こんばんは
やっぱりなんだかんだ言っても犬のほうが元気でした。
この山は本当に面白いですよ。こういう山じゃないと私も興味深く
登ったりしていないと思います。
キャメルバックは去年自転車用で購入したのですが山登りでは普通に
水筒が良いな~って思って探したら昔ながらのやつって
もう無いんですね。ちょっとショックでした。

HIROさん こんばんは
小雪は嬉しかった反面、ちょっと緊張していたようで私からべったり離れませんでした。不安だったのかな?と思いました。
トレイルランは、、、、過酷すぎて私には無理です。素直に山歩きを楽しんで、平地で走って頑張ります。

カズーさん こんばんは
山登りはなかなかダメージが残ります。
私は未だに足が痛い!!
山ばっかり登ってるとそうでもないんでしょうけどね。
カズーさん、でも結構、平地と違って気持ちが良いモンですよ。
是非是非。

のらねこさん こんばんは ナイス有難うございます。

あにぃさん こんばんは ナイス有難うございます。

バクさん こんばんは
小雪はやっぱり獣なので、私より最後までシャキッと歩いてました。
私は今でも足が痛くて引きずっております。
いえいえ私も走ったりいろいろしてる割には禁煙のせいか体重は減ってません。体重が重いから何やっても足にきます。


イチローさん こんばんは ナイス有難うございます。

555さん こんばんは
そうなんですよ、一人なら気持ちの悪い雰囲気の道も犬と一緒なら
そんなに怖く感じないのです。
犬はぶっちゃけ、単純おバカだと思うんですよ。だからこそ可愛らしいと
思って馬鹿な時ほどナデナデしております。

j-taroさん こんばんは
楽しかったのでまた犬と行こうかなって思いました。
猫ちゃんは一緒にって言うわけにはいきませんもんね。
でも、古代の人は猫つれて散歩したり猟をしたりしてたというのを
何かで見てびっくりした事があります。
実家に猫居るんですが言う事聞きそうにありません。

yosiさん こんばんは ナイス有難うございます。

YASHさん こんばんは
靴は結構古いタイプの今時に皮?!っていうようなやつです。
でもこういうのが好きでたまにオイルを塗り込んだりしてます。
犬連れ登山はネットで割りと賛否両輪で否定的な人も居るので
ちょっと考えてから登っちゃいましたけど。よほど高山でなければ
良いかなと。ここは昔人がたくさん住んでた所だし。
山ガールさんは見かけただけでデットヒートにはならなかったんです。
古い山ガールさん二人組にはあっさり抜かれました。

河原さん こんばんは
猫は・・・私も実家にロデムという黒猫が居ますが
言う事ききませんし、いつ帰ってくるかもわかりません状態で
山は厳しいですね。
ちなみに私は人から猫のような人と言われております。

XXAR2さん こんばんは
そうそう、小雪を目撃してますもんね。
相変わらず飼い主意外には警戒心の強い典型的な日本犬小雪です。
山歩きは結構気持ちいいですよ。
是非、是非。








by 魔太郎 (2012-05-03 21:19) 

Heppe

どこにもそこそこ廃墟はありますが、四国はかなり多いですね
それもしっかりした建物だったものがたくさん...
歴史がそのまま残されてる感じで、探検好きには大好物な場所かもですね(笑)

by Heppe (2012-05-05 09:14) 

HAハードアタック

リハビリで犬の散歩=登山!とはさすがです
小雪ちゃん、可愛いですね。ご主人様にもしものことがあっても大丈夫?
立派な救助犬に育てましょうー
MTBで廃線跡ツーリング行っちゃいますか?立川側に降りるときに何カ所かロープが必要なところがあるそうですが、基本列車が走れたところなので金子獣道より楽ですし、罠も仕掛けられてないからいいよねー
by HAハードアタック (2012-05-07 13:18) 

魔太郎

Heppeさん こんばんは
そうですね。特に私の住む新居浜市は住友の発展の元となった
別子銅山の廃墟がありまして、しかも山の上のほうまで開発されていたので興味深いところが多いのです。
でも、長崎はやっぱりなんだかんだと凄いし廃墟になるよりもきっちり
維持されて観光地になってるから素晴らしいですよ。勝てる訳ないです。

HAさん こんばんは
久しぶりに山歩きしたくなっちゃいました。
廃線跡ってあそこの神社から入るところからマイントピア、ゲートを越えて
まだまだ右側の山手の所を走るのかな?是非是非。
今週は会で高知のほうに行くので来週以後でお願いします。

by 魔太郎 (2012-05-08 23:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。